スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:110/3684 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年 2月25日(日)23時55分6秒
  通報
  かんちゃん:月経周期が正調な方は月経開始2-5日目の受診をお願いしております。知らずに受診された方には止む無く基本的な検査の説明をさせて頂いた後 再度月経中に受診して頂くことがあります。私の診察は有りませんので無料で行っておりますが、その後受診されない方も見え大変効率が悪く 当院の基本理念である極力少ない通院日数にしたいのでやはり月経開始2-5日目に受診して下さい。

み~さん:当院の治療の流れとしては基本的な検査→体外受精の適応(高齢・両側卵管閉鎖・高度男性因子)人工授精の適応(性交後試験不良+精液検査良好)それ以外であれば最低5周期のタイミングになります。これに加えて排卵障害を認める方には排卵誘発を併用します。
初めから体外受精を希望された方も1周期は自然経過を観察してからの体外受精になります。個人差のある卵胞がどのくらいの大きさで排卵するかとか子宮内膜の発育具合や事前にやっておきたいホルモン検査があります。

年齢不妊期間を考慮し体外受精を勧めない場合もあります。(年齢も若く不妊期間も短いので精液検査次第では人工授精を勧めるかも知れません)顕微授精の適応になる精液所見は 性液量(cc)×運動精子濃度(匹/cc)が300万匹以下です。
当院での体外受精の説明は個別でスタッフが行う為次周期に行えないかも知れません。

以上トータルで考えると早くて4月に出来るかどうかになります。
 
》記事一覧表示

新着順:110/3684 《前のページ | 次のページ》
/3684