投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ご返答ありがとうございます。

 投稿者:くわ(18349)  投稿日:2018年10月14日(日)23時16分57秒
  ご返答有難うございます。

自分の都合で受診出来ず妊娠の確率を下げてしまったのではないかと不安になっていましたが、お答えを拝見し安心しました。
今回、受診が出来ない私に対しプロゲストンで対応してくださり本当に有難うございます。

判定と日まで落ち着いて過ごしたいと思います。
 

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年10月14日(日)17時56分48秒
  くわさん:どちらも十分な黄体補充になるので妊娠率に関しては変化ありません。プロゲストンを使用した場合は薬剤の分解速度に個人差があり妊娠していない周期でも月経がかなり遅れる方が見えます。月経の始まりがわかり難い方も見えます。  

黄体ホルモンの補充方法について。

 投稿者:くわ(18349)  投稿日:2018年10月12日(金)23時39分38秒
  いつもお世話になっております。
10月11日に胚移植をしていただきました。
その際、私の仕事都合で三回目のhcg注射に受診出来ないことからプロゲストンの服用に切り替えていただき、本当にありがとうございました。
そこでお聞きしたいのですが、hcg注射を3回行うのとプロゲストンを10日間服用するのではどのような違いがあるのでしょうか。
本来打つべきhcg注射を打てず服薬となったため、本当は注射の方が着床率が上がるのかなどいろいろ考えてしまい落ち着かない気持ちでいたので質問させていただきました。

細かいことを気にしてしまいお手数かけてしまいすみませんが、是非ご回答いただけると嬉しいです。
 

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年 9月30日(日)11時17分36秒
  ケイトさん:必ず月経中に受診してください。この時に行うホルモン検査は大変重要です。それからの卵胞の発育経過や大き目で排卵する人小さ目で排卵する人など知っておく必要があります。

hanaさん:卵胞を沢山発育させるにはhMG製剤の中でもLH成分が多い種類が有効で多嚢胞性卵胞など卵胞が沢山出来過ぎる方にはLH成分が少ないものが好まれます。hMGフジはLH成分多めでゴナールFはLH成分なしです。ここで問題になるのはhanaさんの卵巣年齢と月経中のFSHになると思います。39歳と40歳では条件が一番異なる年齢になるのでFSHが上昇基調ならhMGフジの方が良いかもしれません。
 

採卵に向けての刺激方法について

 投稿者:hana  投稿日:2018年 9月26日(水)13時50分49秒
  現在40歳。これまで1度妊娠・出産。2度流産(7週・9週)です。
最後の採卵をするに当たり、刺激方法で悩んでおります。
これまで採卵はHMGフジでの刺激及びゴナールFでの刺激を行いました。採卵は合計15回程度。
HMGフジでの刺激の場合、20~30個採卵でき、ゴナールFの場合は10個程度となります。
これまでの3度の妊娠はゴナールFで刺激した際の卵でしたので、今回のゴナールFを希望したのですが、担当医は年齢的に採卵数が少なくなるだろうからHMGの方がいいでしょうとのことです。
なお、昨年の採卵はHMGを使用し、25個取れましたが、初期胚で凍結し、移植時は胚盤胞に育ったものはなかったです。なお、ゴナールFの場合、13~15個取れ、半数くらいは胚盤胞になります。
来週、どちらの刺激法にするか結論を出さなければならず、ご意見を伺えればと思い投稿させていただきました。
 

初診

 投稿者:ケイト  投稿日:2018年 9月26日(水)10時26分42秒
  はじめまして。
他院でタイミング療法をしておりましたが、体外受精へステップアップするため、そちらで受診させていただきたいと思っております。
だいたいの検査は1年以内にしており、検査結果も持参できます。
それでも生理2~5日目までに行かないとだめでしょうか??
仕事の都合もあり、なかなか難しいのです。
 

早急に回答いただきありがとうございます。

 投稿者:なるみ  投稿日:2018年 9月21日(金)19時21分49秒
  ご回答いただきありがとうございます。
妊婦及び妊娠の可能性がある人には処方しないでくださいと注意書きがあったので、とても心配でした。
今まではデュファストンを処方して貰っていたので、今回は飲むのを中止し、炎症を治してから不妊治療を始めた方が良いのか聞いてみようと思います。
本当にありがとうございました。
 

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年 9月21日(金)18時36分34秒
  なるみさん:ジェノゲスト(ディナゲスト)は黄体ホルモン製剤なので高温相で内服すれば黄体機能不全の治療になります。月経開始数日から内服すればピルに近い効果があり排卵や着床を抑える作用になります。黄体機能不全や排卵誘発周期に有効であると思いますが、黄体ホルモン製材は他にも沢山あるので当院ではジェノゲスト(ディナゲスト)は使用しておりません。  

ジエノゲスト錠について

 投稿者:なるみ  投稿日:2018年 9月20日(木)18時16分0秒
編集済
  初めまして。
他院に通院中です。担当医にも伺いましたがハッキリとした返答が頂けず、他のお医者様の意見を伺いたく投稿しました。

子宮鏡検査をした際、内膜が少し残っているため炎症しており、抗生物質を10日処方されました。
再度、子宮鏡検査をしましたが改善されていませんでした。その日にタイミング指導をされ、排卵したかの確認を3日後にしました。その際、ジエノゲスト錠を10日分処方され夜から飲んでいます。説明では、内膜を綺麗に剥がす役割と、着床を促す効果があるとの事でした。
調べてみると、生理3日位から飲み始めるもので、内膜を薄くし妊娠しにくくする薬とありました。
心配になり、担当医に確認をとりましたが、「飲むタイミングで効果が変わります。飲んでも飲まなくても構いません。」と返答されました。
私としては、問題無いので気にせずに飲んでくださいとハッキリした言葉を頂きたかったので困惑しています。
実際に、そのような処方をする事はありますか?
 

ご回答ありがとうございました

 投稿者:やま  投稿日:2018年 9月18日(火)08時32分53秒
  ご回答いただきありがとうございました。
土曜日に残念ながら生理がきてしまいました。10日以上前から出血があるせいか、3日目の今日昼過ぎには出血量がかなり少なくなり終わりそうな感じです。
先生のご回答に、出血量が多いときに受診をということでしたので、来月受診をさせていただこうと思います。その際はよろしくお願い致します。
 

お返事ありがとうございました。

 投稿者:お団子19033  投稿日:2018年 9月16日(日)20時42分0秒
  お忙しい中、時間を割いてお返事頂きありがとうございます。注射の影響で陽性が出た可能性があるんですね…。化学性流産の意味も、なんだか間違えて知っていたようで反省です。この機会に、しっかり知れて良かったです。
初めての体外受精で期待と不安で、気持ちがいっぱいでした。どうしても知りたい気持ちと、知りたくない気持ちと闘って、結果フライングしてしまいました。
先生のお返事で、しっかり見極め方を教えて頂き、少し不安が取れて落ち着けた気がします。
生理が来ていない内は、判定日まで辿り着けるよう願うことしか出来ませんが、また、受診の際はよろしくお願い致します。
 

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年 9月16日(日)18時39分37秒
  やまさん:妊娠反応が出た場合(hCGを打っていない状態で)は妊娠していると言う状況になりますが、当院では治療を行っておりません。黄体ホルモンが少ない場合は着床し難いとは思いますが、着床後(妊娠中)にはほぼ影響なしでしょう。言っている意味が分からないかもしれませんが、月経中(多い日に)受診して頂ければ良いと思います。

お団子さん;hCG注射液は妊娠反応を陽性にする物質と全く同じものです。hCGは半減期が長いので注射の後は1週間程度妊娠反応が弱い陽性になります。不安でモヤモヤする場合 翌日にもやって見ると良いと思います。前日より強い反応が出れば妊娠の可能性が高いと思います。弱ければ注射の影響が強いと思います。
そもそも化学性流産は注射の影響でも同じ状態になるので体外受精周期のみに専門の医師が判断するのもで妊娠にも流産にも数えない事が原則になっております。現状では乱用されていると思っています。
 

hgc注射の影響について

 投稿者:お団子19033  投稿日:2018年 9月14日(金)14時22分0秒
  お世話になっております。今月頭に、初めての新鮮胚移植を行っていただき、ありがとうございました。最後のhgc注射後7日後、どうにも気になってフライング検査をしてしまいました。薄く陽性が出ましたが、8日後の朝検査すると、かすりもしない真っ白な状態でした。
過去の投稿を拝見していたところ、先生がhgc注射後1週間は影響が出ることがあると、お答えしていたのを見つけました。
しかし、次の日に真っ白になるということは、そもそも着床してなかったか、はたまた化学流産だったのか分からず
不安でモヤモヤがとまらずに投稿してしまいました…。
判定日までに待てばいいことなのかもしれませんが、
可能性は薄いでしょうか…?
こんなことで質問してしまって、すいません。
お忙しいかと思いますが、よろしくおねがい致します。
 

黄体ホルモンと妊娠について

 投稿者:やま  投稿日:2018年 9月10日(月)16時44分19秒
  ここ2ヶ月ほど、排卵後あたりから鮮血の出血が続き(生理1日目程度)、そのまま生理になることが続いています。今月もそうなり、3ヶ月続けてかと、近所の婦人科を受診したら、ホルモン治療がよいのではないか。でも、その治療中の3ヶ月は妊娠できないと言われました。妊娠(2人目)を希望しており、今年1月に初期流産、5月に化学的流産をしています。妊娠希望を伝えたところ、こちらの病院に行かれては?と教えていただきました。
HPを見ると、生理開始後初診をとありました。なので生理が始まったら伺う予定です。ですが、今回の周期でタイミングを合わせたつもりでいて、もし、妊娠できていたら生理はきません。(少量の出血は10日ほど前から始まりましたが。)ですが、ホルモンが少なければまた流産してしまうのではと不安です。妊娠反応がでた場合に、そちらでホルモンの治療等はして頂けるものでしょうか?不妊治療をしようかと思った矢先のことでしたので、十分な検査等は他でもしていません。
 

ご回答ありがとうございます。

 投稿者:くわ(18349)  投稿日:2018年 9月 3日(月)07時45分44秒
  お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。
気になっていたことが解決し、次周期の治療に不安が軽減しました。
また月経開始しましたら受診しますのでどうぞよろしくお願い致します。
 

返信ありがとうございます。

 投稿者:あんち(19204)  投稿日:2018年 9月 2日(日)20時49分43秒
  お忙しい中返信ありがとうございました。
エコーで映らない小さいポリープも妊娠を妨げると情報があったので子宮鏡をやってみたほうがいいのかなと思っていましたが、その都度説明してくださるとのことなので安心しました。
1周期休憩しますが、また再来月からよろしくお願いします。
 

お答え

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2018年 9月 2日(日)20時18分52秒
  くわさん:2段投与は必ず診察後に行っていましたが、今まで通りの反応なら言われる様に行えるかも知れませんね。事前の投薬は可能ですので受診てください。

かずこさん;プレマリンは流産予防の適応もある薬なので妊娠中に飲んでも大丈夫ですが、基本的に投薬前にホルモン検査を行い妊娠の可能性がある様な値の方はすぐに電話連絡しております。

あんちさん:多い日を二日目と計算して下さい。子宮内膜が病的に厚い方は内膜ポリープや内膜肥厚症も考えられると思います。そう思ってら必ず説明しますのでやや厚め程度と考えてください。胚移植を行い妊娠に至らない原因のほとんどは受精卵の遺伝子異常です。
 

体外授精について

 投稿者:あんち(19204)  投稿日:2018年 9月 1日(土)16時41分41秒
  いつもお世話になっております。現在体外授精を行なって頂いており、先日30日の判定日に妊判は陰性でした。その時に数日前から1日1回程度の出血が続いており、生理でしょうとの診察結果だったのですが、あれから午後になって通常通りの生理が来ました。この場合の生理のカウントは30日からカウントすれば良いのでしょうか?
また、体外授精で妊娠できないのは受精卵の遺伝子によるとのコメントも拝見したのですが、子宮ポリープ等の有無も理由の1つにあると情報を得ました。私はもともと内膜が厚めとのことですが、子宮鏡の検査をした事がないので、行なってみた方がいいのでしょうか?
内膜が厚めなのも良くないと聞いた事があるので2回目にしても妊娠できないのは自分の子宮にも問題があるのではないかと思っています。
お忙しい中すみませんが、ご助言よろしくお願いします。
 

判定日前の出血

 投稿者:かずこ  投稿日:2018年 8月30日(木)12時12分54秒
  貴院で体外受精を受けています。診察時に伺い忘れたのでこちらで伺わせて下さい。
判定日前に出血があった場合、これまでは生理だと疑わず1-3日目に通院していました。しかし、出血があっても妊娠された方がいると聞きます。
万一、実は妊娠が理由の出血で、自分の判断が違い次周期のお薬を飲んでしまった場合、問題ないのでしょうか?どのように気づくのでしょうか?よろしくお願いします。
 

休診中の二段階投与について。

 投稿者:くわ(18349)  投稿日:2018年 8月25日(土)15時19分12秒
  現在稲垣婦人科でお世話になっております。
去年一年は人工授精をしていただき、今年に入ってから2回体外受精を行いました。

今までの治療では、クロミッドの二段階投与を行うことでやっと卵胞が十分な大きさになっており、二段階投与以外で卵胞が育ったことはありません。
そのため次周期も二段階投与になると思うのですが、現在カウフマン療法中で、次の生理予定を考えると二段階投与の薬をもらう日が9月23日~27日の休診日に重なってしまいそうです。
そこでお聞きしたいのですが、今までは月経開始後16~17日目に受診して2回目のクロミッドをいただいていました。そこで、もしもその日が休診日に重なってしまうと分かっている際は、事前に二段階投与分を処方していただくことは出来るのでしょうか。

次の体外受精に向けて一度カウフマン療法をすると決めた翌日、稲垣婦人科さんのHPで休診日が発表されていたので、今回こちらで質問させていただきました。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。
 

/184