teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:79/341 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

人それを懐古厨と呼ぶ

 投稿者:まえかわ  投稿日:2013年 6月 8日(土)00時15分44秒
  通報
  最近いよいよジジイに近づいてきたな感のある話。

皆さんは「使いたくない言葉や言い回し」というのはありませんか?
オレの中にもそういうのがあります。若干傲慢な感じがしないでもない話なのだが。
たとえば、そうだね…、
「人権」とか「個性」とか、こういう薄っぺらで偽善的なものや、
「自分探し」とか「納豆で血液サラサラ」みたいな情弱丸出しの頭悪い物言いとか、
または「政治が腐敗している」などといったステレオタイプで便利な責任転嫁の
表現とか。ああ、嫌ですねぇ。
その中で一つ挙げるのが「近頃の若いヤツラは」というやつ。

#実はこの言い回し自体に大きな矛盾があって、
 近頃の若者たちの振る舞いや行動について文句を言ったところで、そんな若者を
 育ててきた、またはそんな若者が増えるような社会を作ってきたのは他ならぬ
 自分たち自身なのだが、この点が見事に抜け落ちている。


…いや、実は別にこういった「言葉」がどうとかいう話をしたいわけではない。
人が持つ「知的欺瞞のメカニズム」について語ろうと思っていたのだ。
人は信じたいものを信じ、それを自己の主観の根拠にする。
それがいくら荒唐無稽なものであってもいい。様々な屁理屈で正当化しようとする。
また、その正当化のために新しい物を根拠なしに否定したりもするのだ。
その際に上記のような「近頃の若いヤツラは」みたいな話が出てきたりするのである。

身近なところで、最近、コンピュータゲームをやらなくなった。
忙しいのとかいろいろ他にも理由はあるが、一番は最近のゲームがつまらなく
感じていて、興味がわかない、というところだ。

ガキの頃からコンピュータゲームと共に育ち、三度の飯よりコンピュータゲームが
好きだったオレが何故なんだろう?といろいろ考えてた中で、
「最近のゲームはヴィジュアルばかり綺麗で凄いだけで、何かつまらないんだよな」
と考えてしまい、そこでふと思った。

ゲームに関する論評を見ると、こういった感じの主張は実はかなり昔、20世紀の頃から
掃いて捨てるほどあった。
「ハードばかりが発展し、ソフトの肝心の部分が忘れさられている」
「見た目の演出に走りすぎてゲーム性に対する配慮がない」
「趣味性やマニアを重視したゲーム作りばかりで、ゲーム性の本質を見失っている」

こんな感じ。
プロのライターや評論家ですらこういう物言いをしていた/している。

その主張は解らないでもない。
昔のゲームは、ポリゴンなんか無くたって、ショボい画面、ショボい音でも、
熱くて、ワクワクして、ハマる何かがあった。
単純なドット絵に凶悪な侵略者のイメージを想像していたものだ。

現在のゲームは画像がリアルになりすぎて、想像の余地がなくなってきた気が…
ってほら、これなんだよ。
これって、単に自分が新しいゲームについていけなくなった、そして興味が無くなって
きただけという、ただの老人の愚痴なのでは?

素直にそう認めれば終わってしまう話を、ミョーな理由づけで言い訳している。

たとえば、AKBの曲に興味が無い、それを
「握手券や投票券欲しさにあんなクソ曲のCDを何枚も買うなんて馬鹿じゃん?
 んなくだらない悪徳商法に毒されるとは、情弱極まりなくて見るに耐えないねえ、
 ああ醜いああいやだ、ふん。」

って、したり顔で批判してないで、素直に曲を楽しめば良いだけなのかもしれない。

#まあCDは買わねえけどなww

最初の主張に戻る。
このテの言説は、過去を振り返ってもたくさんあった。
マンガの普及を気に入らないと思った大人は、様々な屁理屈を用いてマンガを否定してきたし、
例えばコンピュータゲームを否定するために持ち出した「ゲーム脳」などのトンデモ理論は
とても有名である。

人は自分の信じたいものを信じようとし、それを肯定してくれる理屈を探す。
それは馬鹿だからではない。
PCやスマホやインターネットが普及する。
それに取り残された人達が、自分たちの適応力や好奇心が衰退している事実を認めたく
ないので、それよりも、それが有害だから手を出さないほうが賢いのである、
などという理屈を求めたがっているのだ。

そしてこれはこの先、将来何が出てくるかは知らないが、それを否定するために、
また同じような言説がミョーな屁理屈とともに出現するだろう。
自分自身、その知的欺瞞の罠に片足を突っ込みかけたワケだ。
こうして人間は精神的に老人になって行くんだなあ、としみじみ納得。
気をつけねば。
 
 
》記事一覧表示

新着順:79/341 《前のページ | 次のページ》
/341