teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/428 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 新コラム

 投稿者:Minimalist@準備中  投稿日:2013年10月14日(月)14時29分53秒
  通報 返信・引用
  > No.421[元記事へ]

ソノベさんへのお返事です。

> シミュレーションは前提が違うと結果も意味がないので、ちょっとドキドキもののところはありますが、大体こんな感じ、とわかればよいなあ・・という思いで書きました。


Jitterは基本オカルト扱いなんですね。
事実と違うというとJAROがでてきそうで語弊がありますが、現実と違うと言っておきましょう。
私、昔、TEAC P0を個人的にデモしたことがあって(TEACさんのデモがあまりにヘッポコ酷くて、何にもわからなかったのでTEACさんが帰ってからです)、「ほう、これが噂の低域ジッターか」と思っていたら、事情を知らない人が入ってきて「そもそも、ヴォリューム設定がちがうんじゃないの?」と言いました。シングルブラインドシチュエーションで容易に聴き取れる、それくらいの差が有ります。微妙な差ではないです。TEAC P0のテクニカルな主張は回転系やピックアップ系のサーボノイズの混入がワルサしているというものです。その後、P0の倍ぐらい高価な、某MLブランドのTrPも聴きましたが、「普通じゃん、FIFO効いてないし、ダメじゃん高いのに」と思ったものでした(値段や物量に比例しないところが難しいところですね)。FIFOや高周波フィルタは殆んど効かないことをP0は証明していたわけです。以来、私は「そこそこ価格帯」のCDP/TrPを物色しなくなりました。「それはムダなことだよ」と思い知らされたからです。
「CDにすると、どうも思ったような仕上がりにならない」ということは制作側も感じていたわけで、色んなチャレンジがされてきました(いわゆる高音質CD等)。繰り返し「現象としては」確認されてきたわけです。最近ではLINNも同様の主張をしているようです。が、相関性のある「データ」を提示するまでには至っていないような、、TEACもLINNもそんなの有ったらセールストークバンバンなはずですから。個人レベルでは得られないようなデータは持ってるはずですよ。
最近では、数字やスペックが先走りする傾向が強くて、ホントにその性能出てるの?と懐疑的です。数字だけならかなり安価な製品でもそんなの有りますよね。DSDフォーマットにも懐疑的です。収録は出来るだろうけど、それはマルチトラックの1chにすぎない、どうやって編集するの?それはアナログでって聞いたような??5534とかですか? SACDって大昔のソースが多くないですか?それってテープレコーダの音ですよね。
「LINN DSを使うとCDでは出せなかった音がでる」という「評論家」も居ます。私P0で昔からしってたわけですが、さんざん高額CDPを持ち上げてた評論家さんが「今さら、そんなにぶっちゃけますか?」と思う今日この頃です。
トランスポートの問題はウチでは現実問題としてのしかかります。一万円そこそこのiPodトランスポートとWadiaやLINN DSが同じならみんなシアワセなわけですが、世の中そうはいかないみたいです。店頭展示でWadia盗られたら痛いですし、リファアレンスシステムの暫定着地点としてはどこまでやったらいいか、現実問題です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/428 《前のページ | 次のページ》
/428